Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2014.07.22

『フライングバニラガール 前編』

P7224601.jpg

サークル : あさつき堂
作家 : うがつまつき
発行日 : 2014/05/11(第十一回博麗神社例大祭)
ジャンル : 東方Project

主に『東方』などの二次創作漫画(成人向け・一般向け問わず)で活動をされているうがつ まつき先生の、例大祭11新刊。
今回は『東方』魔理沙霊夢の出会いを描いた漫画となっています。



『フライングバニラガール』
B5版 52P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


『東方Project』より、霧雨 魔理沙博麗 霊夢がメインの漫画。
子供の頃の魔理沙が、霊夢と初めて出会った時のお話となっています。
ある日、空を飛んでいた魔理沙が偶然に不時着した博麗神社にて、霊夢と出会う所から始まります。
霊夢が自由に空を飛ぶ姿を見て、自分とは違う「特別」なんだと思った魔理沙は、それ以来、頻繁に博麗神社を訪れるようになる。
巫女としての業務以外を何も知らない霊夢に、色んな事を教えてやる魔理沙は、そんな付き合いを続けていく内に自然と霊夢を友達と思い始める。
だが、そんな折に、先代の博麗の巫女が亡くなり、霊夢が今代の巫女となった。
父親に博麗の巫女には会うなと言われた魔理沙は、それには従わず家を飛び出すのだが……
P7224604.jpg
……神社で見てしまった霊夢の姿に驚き、「化け物」と言って逃げてしまう。
そんな自分の言葉と行為が許せなかった魔理沙は――

なんて子供らしくて、純粋で、切ないお話でしょうか。
それでも、この後の2人の展開を思うと…………不安でなりません。(ぇー
うがつ先生のこれまでの作品を読んでいるせいで、「このままで終わる筈がない」という警戒心が一時も緩みませんw
「子供時代の霊夢と魔理沙の出会い」という二次創作って、割りと王道というか定番というか、色んな作家さんが描かれていて、その多くが非常に心温まるもので。
この漫画も、現状ではそれらと大きく差を開くような展開にはなっていないというのに……
約50ページにも渡って展開されてきたこの前振りが、いったいどんな有様になってしまうのか不安半分期待半分……と言いたい所ですが、むしろ不安が的中する事を望んでいるような気がしていますw
うがつ先生の描く、ハイライトの消えた瞳のキャラって、非常に魅力的なんですよねぇ♪
続きが楽しみです!!



「今年中には後編出して完結させます」と、あとがきにてうがつ先生は書かれていますので、続刊は冬コミでしょうか?
気になる人は、書店委託もされていますので、チェックをしてみて下さい。


・委託書店(通販)など
『フライングバニラガール 前篇』(メロンブックス)
『フライングバニラガール 前篇』(とらのあな)
・既刊など
『まんが幻想郷 スタジオノーレッジの野望』
『さんかくUFO』
・次回以降の参加イベントなど
08/15 コミックマーケット86(一日目) 東D-38a 【あさつき堂】


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/1010-3c7050a9
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。