Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2012.04.07

『まどマギの。』

P4051507.jpg

サークル : スパイシー大作戦 & ジャンクハニィ
作家 :
 氷川へきる (スパイシー大作戦)
 遠藤海成 (ジャンクハニィ)
発行日 : 2011/12/31(コミケ81)

大人気のまま連載終了してしまった『ぱにぽに』の氷川 へきる先生と、『まりあ†ほりっく』を好評連載中の遠藤 海成先生の、コミケ81での合同誌。
ギャグに定評のある御二人の描く、抱腹絶倒の『まどマギ』本となっています。



『まどマギの。』
B5版 36P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ

前半に氷川先生の漫画が、後半に遠藤先生の漫画が載っています。

氷川先生のパートは、久々の同人師との事でしたが――なんと言うか“らしさ”の詰まった作風でしたw
そうそう氷川先生は、こうでなくっちゃ!――とファンの全員が思ったかどうかは定かではありませんが、少なくとも自分はそう思いましたw
P4051510.jpg
仏(=まどか)に導かれ、ワルプルギスの夜を倒すべく、勇者ホムヒコは仲間達と共に冒険の旅へと向かう…………?
理不尽な展開と強引なオチながらも笑わせてくれるパワーのある、さすがの氷川先生の漫画でしたw

遠藤先生のパートは、マミさんの乙女チックな行為を、茶化しつつも皆で一緒にやる――という女の子同士の物語。
それぞれのキュゥべぇに願ったものとは違う願い事をめぐって、姦しく賑やかに楽しげに、魔法少女達が笑い合う。
ギャグから転じて、しっとりとした雰囲気へと変化させる漫画は、とても綺麗な終わり方で、凄く良かったです。



それぞれ人気のあるプロ漫画家が描く、人気ジャンルの合同誌。
ある意味で贅沢なこの一冊、どちらかの作家のファンなら是非、双方のファンなら尚のこと、『まどマギ』が好きであれば言うことなしで、読んでみて欲しい本です。




スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/103-59d67a0d
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。