Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2014.09.04

『サクラ姫ネリマ証券・4』

P9035073.jpg

サークル : SIESTA
作家 : スダミ屋
発行日 : 2014/08/31(コミティア109)
ジャンル : オリジナル

主にオリジナル漫画で活動をされているスダミ屋先生の、コミティア109新刊。
今回は『サクラ姫ネリマ証券』シリーズの最新刊となっています。



『サクラ姫ネリマ証券・4』
A5版 50P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


オリジナルの、「マンガでわかる(かもしれない)金融商品の基礎知識」を描いた漫画『サクラ姫ネリマ証券』シリーズの第4巻。
大地主の娘=会長が金融商品に興味を持ち、証券会社の(へっぽこ)社員=ケロ山が商品を売りつけ、元同級生で(自称)個人投資家=が物知り顔で語る……そんなお話。
今回はEpisode7「ゲームの特性・前編 素人は負けるのか?」と、Episonde8「ゲームの特性・後編 プロなら勝てるのか?」の2話で構成された一冊となっています。
Episode7では、会長が株で損をしたと聞いて見物に慰めに来た桃が、株式をゲームに例えて解説しています。
株価は上がるか下がるかしかないのだから、「素人は負ける」という確定情報があるのなら、逆を打てば勝ててしまう。
しかしそんな確定情報はない、素人だから負けるという理屈は無い……というような事を言うのだった。
Episode8では、ファンド(投資信託)を勧めるケロ山に「あたしみたいなド素人でも負けたりしないからさ!」と言い切った会長。
そんな会長に、ファンドの有用性を運用成績を見せながら力説するケロ山だったが――
P9035075.jpg

これを読めば、金融商品が解るかもしれない解らないかもしれないシリーズの4冊目。
今回も非常に会長が可愛らしゅうございました…………あれ?
最初はケロ山が来ること自体にヤな顔してた気がする会長が、今回の最後ではネリマ温泉(スパ?)に一緒に行ったりするなど。
これが一年間掛けて気付き上げた信頼関係なのか、友情なのか……さてはて?w
閑話休題
今回は「勝ち」と「負け」の定義というか、儲ける=運用資金が+になって返ってくる為の考え方の解説みたいな感じでしょうか。
あくまでも素人からの視点で、「こうすれば勝てる」とか「こうしないから悪いのだ」とか上からの偉そうな助言( )でないのがイイw
これを読んで、金融商品に興味を持った! 手を出してみよう!! ……という人が居るかどうかは解りませんがw
ページ数もあり、文字もコマも多いので、読み応えもバッチリなので、一冊ガッツリと楽しめる本でした♪



知ってるつもりで知らない株のハナシ、意外と知らないアレコレを知るのが面白いシリーズ。
書店委託もされていますので、気になる人は是非とも既刊も含めてチェックしてみて下さい。


・委託書店(通販)など
『サクラ姫ネリマ証券・4』(コミックZIN)
・既刊など
『サクラ姫ネリマ証券・3』
『上書き少女2』
『サクラ姫ネリマ証券・2』
その他の同人誌など


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/1058-3018799d
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。