Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2012.04.14

『オープン・ザ・コメイジ』

P4121568.jpg

サークル : えふえふえふ
作家 : 木五倍子
発行日 : 2011/12/30(コミケ81)
ジャンル : 東方Project

ふんわりした絵柄で、ほんわかする漫画を描かれる、木五倍子先生のコミケ新刊。
実に珍しい組み合わせ、東方Projectより魂魄妖忌と古明地さとりの2キャラがメインの物語になっています。



『オープン・ザ・コメイジ』
B5版 24P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ

とある目的のために、地底を訪れた魂魄妖忌。
彼のその目的とは、「悟りを開く」こと――
P4121564.jpg
――おいジジイ、それは“さとり”違いだ。

ボケから始まる一幕ながらも、孫(妖夢)を想う妖忌と、その意を汲むさとり。
さすがの「覚り」の妖怪、本人すら自覚しない想いをどやっと明らかにしてくれます。
小さいながらも地霊殿の主たる貫禄を見せたさとりも、妖忌の姿を見習ってみたりして、結末もとても綺麗に纏まっています。



さとりの持つ「心を読む程度の能力」を上手く使った物語。
そう長くない漫画ですが、起伏もある上手い作品だと思いました。

スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/110-5c6ed1ee
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。