Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2014.10.16

『暁美さん家のエイミー』

PA165472.jpg

サークル : PERSONAL COLOR
作家 : 桜庭友紀
発行日 : 2014/10/13(もう何も恐くない16)
ジャンル : 魔法少女まどかマギカ

主に『東方』の二次創作漫画で活動をされている桜庭 友紀先生の、2014年秋のまどマギオンリーでの新刊。
今回は『まどマギ』ほむらとネコにまつわる漫画となっています。



『暁美さん家のエイミー』
B5版 42P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


『魔法少女まどかマギカ』より、暁美 ほむらが主役の漫画。
まどかを救うためにループを繰り返すほむらが、まどかの契約回避の為に(という名目で)ネコを拾って飼うお話となっています。
既に幾度もループを繰り返しているほむら、理想的な流れにするための手段も相応に把握し始めている彼女は、その手段の一つとして野良猫を家に迎えるのだった。
PA165475.jpg
エイミーと名付けたそのネコとの生活をしつつ、まどかのために奔走をするほむらだったが。
些細な切っ掛けからネコを飼っている事をまどかに知られてしまい、それを機に少し歩み寄ったら、なにかとまどかが行動を共にしてくるようになってしまう。
まどかを守る為には、近付き過ぎるのはよくないと思いつつも、まどかを邪険にすることも出来ずにいるほむらは、結局そのままで過ごす事になる。
そんなある日、エイミーが体調を崩してしまい、病院へと連れて行こうとするほむらだったが――

桜庭先生のネコ話は、ハズレが無いですなぁ!!
以前にも東方の同人誌で、霊夢が猫を飼うお話を描かれていましたが、そちらも凄く好きでして。
今回のまどマギ本も、猫が可愛いのは当然として、猫を中心としてキャラクターたちがあれこれと立ち回るのが面白くてなりませんでした♪
短い章が6本連ねられて語られるお話ですが、その内の一つがまどか視点で、更に一つがエイミー視点となっていて。
エイミーがほむらの事をどう思っているのか、まどかは仲良くなる前のほむらをどう見ていたのかが描かれてて、実にほっこりする感じ♪
この後に迎える事になる展開、そして結末を思うと(その際にエイミーがどうなってしまうのかを考えると)少し胸が痛くもなりますが……
だからこそ、この時だけの、ほむらと猫とまどかのほのぼのとした雰囲気を楽しみたいところです。
何気に、この本のオチでのまどかの小さな小さなしたたかさとか、好きだったりしますw



百合という訳ではないのですが、ほむらとまどかが仲良くしている姿が微笑ましいお話でした。
書店委託もされていますので、気になる人はチェックをしてみて下さい。


・委託書店(通販)など
『暁美さん家のエイミー』(メロンブックス)
・既刊など
『幼女と少女 in 紅魔館』
『暁にのぼる』
『白きに隠れたるその場所へ あしあとふたつ』
その他の同人誌など


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/1102-b4985203
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。