Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2012.05.23

『ANGEL BLOOD』

P5221907.jpg

サークル : ForestRest
作家 : もりのほん
発行日 : 2012/05/05(コミティア100)
ジャンル : オリジナル

【森の蟲】というサークル名で主に東方ジャンルで活動をされているもりのほん先生が、個人サークルで参加されたコミティア100での新刊。
以前、電撃マオウにて読切として掲載された作品の後日談になるそうです。



『ANGEL BLOOD』
B5版 64P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ

商業誌で掲載された作品の後日談、とのことですが。
この本だけで読んでも特に問題の無いように描かれています。

とある世界、そこには人や獣などに感染する病源体により「アニマ」と呼ばれる化物が闊歩するところだった。
そんな世界を旅をする少年(ティル)と少女(アンジュ)の物語。
2人は旅の途中で感染するアニマに襲われるが、近くの町に住む青年に助けられる。
P5221911.jpg
その町には、アニマに感染した少女が居て、青年はその少女を助けるべく手を尽くすのだが……

オーソドックスなファンタジー作品ですが、王道という意味で非常に面白かったです。
町で起こった事件と、その顛末。
あと、ティルとアンジュの旅の理由など。
奇を衒うものではないからこその、素直に楽しめました。



これは、続きが読みたくなる物語。
それこそ、雑誌に掲載されたという以前の話も含めて、もっと本を出して欲しいなと思った作品でした。


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/155-93827e57
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。