Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2012.08.10

『まんきゅー!』

※コミケ82直前・懐古特集(5)

P8042593.jpg

サークル : まんきゅー
作家 :
 オニグンソウ
 魚ウサ王
 平和巻
発行日 : 2009/03/06(例大祭6)
ジャンル : 東方Project

ヒトガタナ』という漫画を好評連載中のオニグンソウ先生と、魚ウサ王平和巻先生の、合同サークルまんきゅーの例大祭6新刊。
この時だけ一度っきりのサークル参加で作られた、東方のギャグ漫画の本となっています。



『まんきゅー!』
B5版 60P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


初めての同人誌、ということですが。
その銘に見合わぬほどに、面白い本でした。

御三方、それぞれがギャグ漫画で――
オニグンソウ先生は、「小噺春日和」という早苗の奇跡の力をネタにした作品を。
魚ウサ王先生は、「僕らなりの紅魔館」という紅魔館内での咲夜争奪戦の漫画を。
平和巻先生は、「食費に囚われてはいけないのですね(笑)」という肉目当てにキングベヒんモスを倒すお話を。
――描かれています。

P8042595.jpg
(オニグンソウ先生「小噺春日和」より)
早苗の能力「奇跡を起こす程度の能力」を曲解させ、「奇跡」の名目でキャラ崩壊が起こるという漫画。
チルノが賢く、小町が仕事に真面目で、てゐが嘘を嫌い、紫が早起きをし、魔理沙はスイーツ(笑)に、パチュリーはスポーツ少女になる。
一次・二次設定を問わずに設定をおかしな事にしているため、とにかくカオスな事態になっていますw
勢いで笑わせる感じの漫画ですかねw



商業誌での連載では、シリアスな物語の多いオニグンソウ先生ですが。
それらとは一風変わったこんな漫画が読めるのも、同人ならではですね。
この本以降、同人活動はされていないのが残念で仕方ないです。

スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/239-a6840faa
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。