Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2012.09.08

『スイートリップ/お月さまとぼく』

P9072958.jpg

サークル : abgrund
作家 : さいかわゆさ
発行日 : 2012/09/02(コミティア101)
ジャンル : オリジナル

主にオリジナルの(成人向け含む)作品で活動をされている、さいかわ ゆさ先生のコミティア101新刊。
今回は、「恋愛短編集」と題打たれたとおり、ラブコメ風味な作品が2編入った一冊となっています。



『スイートリップ/お月さまとぼく』
B5版 28P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


誌名になっている「スイートリップ」と「お月さまとぼく」というタイトルの漫画が載った一冊。
それぞれは特にストーリーの繋がりは無い作品なのですが、どことなく共通するテーマを見出してしまいそうな、そんな物語でした。

「スイートリップ」は、顔はいいのにモテない男と、そんな男をからかう生徒のお話。
女の子の気持ちが解らないという非モテ男に、生徒は――
「アクマっていうならだれだってそうだよ」
――と言う。
P9072960.jpg

「お月さまとぼく」は、幼馴染に想いを寄せる子のお話。
自分のちょっとした変化を気にする幼馴染にを、「気にしすぎだ」と言ったり、心配したりする男。
そんな男に想いを寄せる幼馴染は、彼の言葉の一つ一つに一喜一憂して。

どちらも、普通ではない事を自覚しているキャラの物語。
あまり多くが語られない短編の作品だからこそ想像の余地があって、キャラクターの背景を思い描くだけでも面白かったです。
「普通ではない事」、それが自信(自負?)であったり、コンプレックスであったり、違いはありますがどちらの漫画に出てくる子もとても魅力的でした。

「恋愛短編集」とありますが、必ずしも恋や告白が実るばかりが恋愛モノじゃないんだなぁ……なんて、当り前の事を再認識した本です。
こう「好き」とか言わないでも、キャラの思いが見えてくるというか――
さいかわ先生の描く、こういう雰囲気が、とても好きなんですよねぇ。



どちらかというと、成人向け作品を描くことの多かったさいかわ先生ですが、こうした一般向けの本もとても面白かったです。
さいかわ先生のファンの人はもちろん、そうでない人もチェックしてみて欲しい一冊です。


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/272-98c5682e
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。