Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2012.09.13

『宙子の旅(3)』『アトモスフィア』

P9133012.jpg

サークル : オタクビーム
作家 : オオツカマヒロ
発行日 : 2012/08/12(コミケ82)
ジャンル : オリジナル

主にオリジナル成人向け作品で活動されているオオツカ マヒロ先生の、コミケ82新刊。
今回は、最新シリーズ『宙子の旅』の続刊と、番外編的な本の二冊となっています。



『宙子の旅(3)』
B5版 36P 成人向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


地球星大調査 第二次調査隊 転地調査員33号、宙子。
既刊『宙子の旅(1)』『宙子の旅(2)』で、「接触調査」という名目で地球人と身体を重ねてきた宙子。
そんな宙子が、拉致監禁されてしまう。
その犯人は――警視庁警備局外星情報課、の諸田という男。
様々な情報を得るために宇宙人の宙子を浚うが……

こんな時でも宙子は実に自然体。
偏見過多の諸田を相手に、時に怒りを露わに、時ににこやかに、時に淫らに、話をしていく。
P9133015.jpg
あまつさえ、「私がイカされた回数分ご質問にお答えするとゆーコトで♪」なんて言ったりしてw
仕事への義務感からか、或いは別の欲情からか、諸田はその条件を飲み、宙子とコトを始めるのだが。

そこからは、宙子の独壇場w
イッたり、イカされたり。受けたり、攻めたり。
「愛されビッチ」の面目躍如といったところw
拉致監禁され、尋問されそうな立場でありながら、逆に自身の目的である「接触調査」を済ませてしまうあたり、何気にヤリ手の調査員なのでしょうか?



『アトモスフィア』
B5版 16P 一般向け
表紙&本文モノクロ


会場限定本。
『宙子の旅』の番外編的な物語。
成人向けである本編では語られない、宙子やその周囲の設定・物語の描かれた一冊になっています。

宙子たち「転地調査員」をサポートする役目である「定点調査員」、その一人である女性と宙子の会話。
同じ宇宙人でも、立場も違えばその在り方も違う「転地調査員」と「定点調査員」。
そんな2人の、微笑ましいようでいながら、ちょっとだけ寂しいお話でした。
P9133021.jpg

漫画の後ろの方には、彼女たち宇宙人の設定や解説がちょっとだけ載っています。
物語の中で語られた内容と合わせて、「ああ、なるほど」と思いました。
次の物語で登場する予定の女の子のイラストも描かれていて、次の物語が二重の意味で楽しみになる一冊でした。



どうやら、近日(9/14)から書店での委託が開始されるそうです。(残念ながら『アトモスフィア』の方は会場限定本なので委託はされないそうですが)
エロくて可愛い「愛されビッチ」宙子さんの物語、読んでみたい方は是非ともチェックしてください。

スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/278-24ad4154
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。