Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2012.09.20

『真夜中のボーイ・ミーツ・ガール』

P9183090.jpg

サークル : ビビットグレー
作家 : シノアサ
発行日 : 2012/09/09(境界から視えた外界-廻-)
ジャンル : 東方Project

主に『東方』ジャンルで活動をされている、シノアサ先生の秘封オンリー新刊。
今回は、メリーが蓮子とは別の人間(?)と秘封倶楽部の活動をする内容となっています。



『真夜中のボーイ・ミーツ・ガール』
B5版 52P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


ある日、メリーと蓮子で秘封倶楽部の活動として、廃墟になっている時計塔を訪れる。
P9183092.jpg
そこの調査をする2人だったが、特に大きな発見などはなく、その日の活動を終えたのだが――
夜を過ぎ、目が覚めたメリーは“3日前”に居た。
そして、蓮子の変わりに、蓮という少年が秘封倶楽部の一員として・メリーの友人として、現れるのだった。

不思議な雰囲気で綴られる物語。
自身の置かれた不可思議な状況から抜け出そうとしつつも、蓮という名の蓮子そっくりの少年と過ごすメリー。
蓮と蓮子を比べ・重ねて見てしまい戸惑うメリーの思いを想像すると、何となく切なくなるというか、寂しいような、それでいて心が躍るような、不思議な気持ちになりました。
物語の結末も、あえて説明不足というか多くを語らないからこそ、色々と想像できるようになっていて、読後感がとても良かったです。

あまり原作と呼べる物がハッキリと存在している訳ではない、秘封倶楽部の物語。
だからこそ想像が広がって、色んな物語(=二次創作)が生まれ・描かれていて、こんな物語が読めるんだな。
……とか思いました。



シノアサ先生の描く、東方の物語はどれも独特の雰囲気があって素敵だと思います。
東方の二次創作漫画が好きという方で、ギャグでもエロでもなく、しっとりとした物語が好きな人は、ちょっとチェックをしてみて欲しいですね。

スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/284-f93d2a70
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。