Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2012.09.28

『リリカルナノハ私妄想版:破 -Ⅳ(中編)- いつかのワタシと(1)』

P9283187.jpg

サークル : 放蕩オペラハウス
作家 :
 ワダツミ・ガーランド(作)
 I-Ⅳ(画)
発行日 : 2012/08/12(コミックマーケット82)
ジャンル : 魔法少女リリカルなのは × エヴァンゲリオン

『なのは』『エヴァ』の異色のクロスオーバー作品が人気の放蕩オペラハウスさん、ワダツミ・ガーランド先生とI-Ⅳ先生が描くコミケ82新刊。
今回は、『序』から始まって続く続編『破』の中編(の一冊目)となります。



『リリカルナノハ私妄想版:破 -Ⅳ(中編)- いつかのワタシと(1)』
B5版 40P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


「なのはvs使徒」という流れから始まった、このシリーズ。
物語は、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の対ゼルエル戦まで到達。
なのはと(今回は登場してないけど)ユーノはネルフの影で暗躍し、ヴォルケンリッターは主に内密に探りを入れ。
仮面のドクターJと中島三佐は奮闘し、クロノ指揮下の武装隊は決死の作戦を開始する。
遂には、武装艦隊を奪った使徒がNERV本部の眼前にやってくる。
P9283196.jpg

……完っ全っに、盛り上がる直前で切られた感じで、寸止め感がハンパないです!
曰く「第十の使徒様と瓦礫描き放題と聞いてテンション上がった。でも気合入れすぎて時間切れになった正直本当にすまなかった。」とのことw
続きはすぐに出される予定とのコトですので、ジリジリと焦れながら待つ所存です。



個人的に、クロスオーバー作品の最高峰だと思っています。
(今回は載ってませんでしたが)小説と漫画で綴られる物語は、設定の深さや演出の妙も相俟って非常に昂奮させてくれます。
『なのは』も『エヴァ』も好き、という方なら読むべき作品――とすら思うシリーズです。


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/296-1352fec0
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。