Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2012.11.20

『ソードアート・オンライン シリカ・エディション』

PB203708.jpg

サークル : Word Gear & ponz.info
作家 :
 九里 史生(川原 礫)
 くるすたつや
発行日 : 2012/11/18(コミティア102)
ジャンル : オリジナル

アニメも大好評の『SAO』の原作者=川原 礫(九里 史生)先生と、くるす たつや先生の、コミティア102新刊合同誌。
今回は、『SAO』からシリカをメインに書いた、外伝的物語となっています。



『ソードアート・オンライン シリカ・エディション』
B5版 20P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


原作者である川原先生の書く小説と、くるす先生の描く漫画の載った一冊。
小説6P+漫画8Pと、どちらも短編ですが、どことなくしっとりとした雰囲気のある作品となっています。
くるす先生の漫画では、アインクラッド時代の最後、クリアの瞬間のシリカとピナの物語を。
川原先生の小説では、SAOクリアから一年と少し経った大晦日のシリカとキリトの物語が、描かれています。
PB203713.jpg

小説の方は、原作小説のファントムバレット編とマザーズロザリオ編の間(第7巻~8巻くらい)の物語なので、アニメのみの人にはネタバレも含まれていますので、ご注意を。
漫画の方は、アインクラッド編とフェアリィダンス編の間くらいの話なので大丈夫ですが。
くるす先生の漫画で描かれていた、アインクラッドクリアの瞬間のキャラクター達の物語は、全員分読んでみたいなと思いました。
あの瞬間、それぞれどんな想いを抱えていたんだろうなぁ……
川原先生の小説では、シリカの家庭事情などが垣間見えます。
こういう原作では描かれないシーンが読めるのも、同人誌ならではなのでしょうね。
ファンにとっては嬉しい限りです。



『SAO』ファン垂涎の一冊なのは間違いない本。
書店委託も予定されているという事ですので、欲しい方はチェックを怠りませんように。


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/353-67545cd1
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。