Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2012.12.07

『古代合コン譚歌 ワタシイロの花』

PC063900.jpg

サークル : やぎチャック(耶樹厩舎ホットドックチャック
作家 :
 神馬耶樹(耶樹厩舎)
 ひらふみ(ホットドックチャック)
発行日 : 2012/11/18(コミティア102)
ジャンル : オリジナル

どちらも商業誌で活躍中の神馬 耶樹先生とひらふみ先生の、コミティア102新刊。
今回は、歌垣をテーマにした漫画が2本載せられた一冊になっています。



『ワタシイロの花』
A5版 20P 一般向け
表紙二色刷り・本文モノクロ


「歌垣」を、現代で言うところの合コン――と解釈して、神馬先生とひらふみ先生がそれぞれ漫画を描かれています。
神馬先生の作品は「がっかりヒメ」。
村一番の美人の佐久良は、見た目と裏腹に華美な歌よりも素朴な歌を好む性格で。
佐久良の性格を知らぬ男たちは、佐久良の歌に驚き退いてしまう。
そんな佐久良は、歌も披露出来ない無骨な男と会い、そして――
ひらふみ先生の作品は「歌垣憐歌」。
歌垣で散々な結果だった信吾と、同じく歌垣の席から外れていた多々良。
背の小ささや、表情の険しさなどを指摘し合い、最初は厭味を言い合う人だったが。
何てことの無い拍子に互いが気になり始めて――
PC063906.jpg
(画像「歌垣憐歌」より)

昔の風習を描きつつ、今の時代にもありそうな物語に仕上げられた2作品。
どちらも甘い物語で、漫画自体は7ページと短いのですが、逆に言えば一口で食べられるチョコのような手軽に楽しめる作品だったかなと。
同じ題材で描かれた漫画ですが、それぞれ違う雰囲気というか味わいというか、独特の面白さがありましたね。
個人的に、佐久良の眉を吊り上げた時の表情と、多々良の顔を赤らめた時の表情がすごく好きです。



これで合コン歌垣に興味を持った人は、是非とも合コン歌垣への参加を検討されてみては如何でしょうか?w
この本は書店委託もされているようですので、気になった方は是非ともチェックをしてみてください。


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/371-ad6caaf8
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。