Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2013.01.08

『R of Blacklagoon』

P1074261.jpg

サークル : TEX-MEX
作家 : れっどべあ(広江礼威)
発行日 : 2012/12/29(コミックマーケット83)
ジャンル : オリジナル(BLACK LAGOON)

『BLACK LAGOON』の作者である広江 礼威(れっどべあ)先生の、コミケ83新刊。
今回は、『BLACK LAGOON』復活小冊子という形でのセルフパロディ作品となっています。



『R of Blacklagoon』
B5版 14P 一般向け
表紙&本文モノクロ


例えば、『BLACK LAGOON』という作品(世界観)が、1つの映画やドラマのようなモノだったら――
そんな「例えば」の場合、それぞれのキャラを演じる俳優はどんな人だろうか?
P1074266.jpg
広江先生自身の手で、レヴィやロック、ダッチにベニー、バラライカに張、その他のキャラを演じる俳優が描かれている一冊です。
実際の実写のドラマや映画でも、俳優と役ではまるで違う人間に見えるように、ここで描かれる俳優もそれぞれのキャラとはまるで違う雰囲気になっています。

『BLACK LAGOON』をハリウッドドラマ作品とした場合、みたいな感じで描かれているイラスト&コメント。
レヴィの俳優がイメージ反対の綺麗どころの人で驚いたり、ダッチや張が割りとまんまだったり。
バラライカさんの顔の火傷の特殊メイクの様子が描かれていたり、作品内ではもう登場しないヘンゼルとグレーテル役だった双子の成長した姿があったり。
舞台裏を見ているかのようなワクワク感があり、作品のファンの人なら間違いなく胸の躍る一冊だと思います。
最後のページには最新シリーズの撮影風景という体で描かれている絵もあり、近々再開される原作の内容に、もしかしたら先んじて触れる事が出来たのかも……?



長らく連載休止をしていた『BLACK LAGOON』の連載再開が告知され、間を置かずに発行されたこの同人誌。
こういうセルフパロって滅多に見られませんし、ファンなら垂涎の一冊だったんじゃないかと。


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/405-f0dccc1c
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。