Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2013.01.30

『蜜標菓』『多次元可視境界の魅せる儚』

P1294517.jpg

サークル : Dream Halls! (& DROP DEAD!!
作家 :
 綴り (Dream Halls!)
 水瀬修 (DROP DEAD!!)
発行日 : 2012/12/31(コミックマーケット83)
ジャンル :
 『蜜標菓』 ―― 氷菓
 『多次元可視境界の魅せる儚』 ―― 中二病でも恋がしたい
主に『氷菓』や『ココロコネクト』などのラノベ原作での二次創作漫画で活動をされている綴り先生の、コミケ83新刊。
今回は、『氷菓』の入須先輩と奉太郎の成人向け漫画と、DROP DEAD!!さんの水瀬 修先生との『中二病』成人向け合同誌となっています。



『蜜標菓』
B5版 28P 成人向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


『氷菓』のいりほー(入須×奉太郎)の成人向け漫画。
ある日、奉太郎が1人で下校をしようとしていると、そこに突然に入須先輩が声を掛けてくる。
当初は面倒ごとを避けようと無視をしていた奉太郎だが、入須の態度に根負けして、入須先輩の頼みを聞くことにする。
買い物に付き合って欲しい」と言う入須先輩と共に、ファンシーショップへとやってくる奉太郎。
女帝の意外な趣味に驚いたり、しおらしい態度にほだされたりした奉太郎だったが。
休憩の際に「前の喫茶店は嫌だ」と言ったら、何故かラブホテルへと連れてこられてしまい。
省エネ主義とは言っても健康的な男子である奉太郎は、入須先輩へと手を伸ばし――
P1294523.jpg

入須先輩と奉太郎の、ちょっと甘めの成人向け漫画。
冒頭からエッチに至るまでのシーンなんかは、もう完全にデートです!w
けど、入須先輩がそうと言う事はないし、奉太郎はそんな事に気付く筈も無いし――と、そんな2人の関係と距離感が心をくすぐりました。
合間合間に描かれる、入須先輩の奉太郎への態度や台詞が、いろいろと想像をさせてしまってたまりませんね。
「好き」だとかそう言う類の言葉は使わないし、そうだとも限らないのに、甘酸っぱい気持ちにさせてくれます。
そんな入須先輩の不器用なアタックに落とされ(?)、据え膳を頂いてしまう奉太郎という流れも、個人的にgoodで。
エッチに突入して、最初は入須先輩が足コキで攻め、その後は奉太郎が逆襲して、後ろの穴で1発、前の穴で1発、どちらも中出しでフィニッシュ。
漫画部分ではないのですが、ラフイラストで身嗜みを整えた入須先輩に欲情して更に襲い掛かったりもして、奉太郎が完全にケダモノ化してますw
「らしくない」と言えばそうかもしれませんが、いやいや入須先輩の身体を前にしてしまえば仕方ないですよね?w



『多次元可視境界の魅せる儚』
B5版 36P 成人向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


DROP DEAD!!の水瀬先生との『中二病』成人向け合同誌。
前半には綴り先生はモリサマーとの漫画が、後半には水瀬先生は六花との漫画が載せられている一冊。
綴り先生の漫画は、モリサマーが勇太を縛りつけ、対凸守用の感染呪術の材料に勇太の精子を取ろうとするお話。
最初は靴下で十分だろうなんて言っていたモリサマーだが、勇太のお願いに折れてパイズリをしてあげることに。
その後、ちょっとしたハプニングを経て、勇太とエッチをしちゃうモリサマー。
P1294529.jpg
水瀬先生の漫画は、六花が勇太の隠していたエッチな本を見て、勇太と「契約」を求めるお話。
「契約」の名目で六花は勇太にフェラをされて、勇太の何かが「プツン」と切れてしまい。
タガが外れた勇太は「真の契約」と言い、六花に愛撫をして失禁させ、エッチをしてしまう。
ゲストの明音そーいち先生ととShAKe先生の漫画も巻末に載っている本となっています。

精子を使っての感染呪術……って、モリサマーは一体ナニをするつもりなんでしょうか……?w
まさか、同じ白い液状物体だからって牛乳だと偽って飲ませるとか……?(妄想
それはともかく、テンパリ気味の丹生谷が可愛い漫画。
勇太のことが好きという訳でもなさそうなのに、初めてのエッチでドキドキしちゃう所とか。
それ以前に、親しいからと言って勇太の精子を搾ってやろうとか思って実行しちゃう所とかもw
水瀬先生の六花漫画も、六花の可愛さが全面に描かれていてとても良かったです。
中二病バリバリの漢字とルビで会話をしつつ、何気に可愛い事を言う六花……だけど、オチでは強かな面も見せたりしてw
ゲスト陣の漫画も含めて、全部が面白くて、エロくて、オススメの一冊ですね。



『中二病』本もゲスト含めて非常に良い本でしたが、もう一冊の『氷菓』本が、あまり数の多くないいりほー漫画の中でも良作と呼ぶに相応しい一冊だったかと思っています。
自分と同じくいりほーが好きな人には、是非とも手に取って欲しい漫画ですので、チェックをしてみてください。


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/427-b7079ea0
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。