Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2013.02.05

『彩の国へようこそ(10)』『スタッフ日和!乙乙(8)』

P2054612.jpg

サークル : DejaVu
作家 :
 成瀬尚樹
 MALINO
発行日 : 2013/02/03(コミティア103)
ジャンル : オリジナル

二次創作のほか、『スタッフ残酷物語』『彩の国へようこそ』などのオリジナル(実録)漫画で活動をされている成瀬 尚樹先生とMALINO先生の、コミティア103新刊。
今回は、『彩の国』の最新刊と、『スタッフ日和!乙乙』の最新刊となっています。



『彩の国へようこそ(10)』
B5版 16P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


合併都市=さいたま市の珍騒動を描いたシリーズも、これで10冊目。
相変わらず、住人には馴染み深い話からそうでない話まで色々と、面白おかしく描かれています。
今回は、大宮にあった原子炉の話とか、鉄道の話とか、再開発の話とかが載っています。
P2054616.jpg
かつてあった工場の原子炉、そこから出た廃棄物がドラム缶で保管されてて……と、今なら大問題になりそうな事件や。(当時でもちゃんと問題になってますがw
鉄道博物館や、傍迷惑な撮り鉄や、路線の開通にまつわる騒動や。
大宮の更なる再開発の話とか、まだまだネタは尽きないようですw

地元の人なら、知っている人も多い(知らない人も居た)原子炉と、放射能漏れの話題。
今にして思えば、あんな住宅地の近くでそんなコトが……とも思いますが、当時は興味の無い人も少なからず居て、「へー、それは大変だね」なんて他人事だったりもして。(自分も例に漏れず
大宮駅東口近辺の再開発も、あれはあれで昔ながらの味のある街並みなのですが。
ずっとあのまま、というのも難しいのでしょうし、やるならキッチリやって綺麗な街にして欲しいところです。
……けど、まだ地上げも済んでないとも描かれていますし、まだ一悶着の可能性はありそうですねw
このシリーズ、地元の人間とそうでない人間とでは読んだ感想がかなり変わるので、実に面白いです。



『スタッフ日和!乙乙(8)』
B5版 12P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


元スタッフだった成瀬先生の経験から、スタッフ視点でイベントの様子を描くシリーズ。
スタッフなら当然の事でも、一般参加者やサークル参加者には知られていない事などが描かれているので、スタッフ未経験者には驚くような内容もあったりします。
今回は、設営にまつわるお話が中心。
P2054620.jpg
備品の運び出しとか、お誕生日席(島角)の作り方とか、喫煙スペースの灰皿ツブしとか。

設営、スタッフだけでなく一般の人も手伝いに行けるので、知ってる人は知ってるのでしょうが。
お誕生席の作り方とか、そうやるんだ……と僅かに驚き、納得しました。
一度、設営には行ってみたいと思ってるんですけどね、なかなか機会……というか体力的に厳しいものがあってw
この本(シリーズ)を読んでいると、本当に「スタッフさん、お疲れ様です」という思いがあふれてくるんですよね。



地元民として楽しみにしている『彩の国へようこそ』、イベント好きとして楽しみにしている『スタッフ日和』。
書店委託やサークルさんの通販などがあるようなので、気になる方はチェックをしてみてください。


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/436-b6d163db
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。