Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2012.02.12

『彩の国へようこそ 6』

P2121064.jpg

サークル : DejaVu
作家 : 
 成瀬尚樹 (原作)
 MALINO (作画)
発行日 : 2012/02/05(コミティア99)
ジャンル : オリジナル

『スタッフ残酷物語』などで有名なサークルDejaVuさんの、成瀬 尚樹先生とMALINO先生が描くさいたま市擬人化本。
さいたま市を構成する浦和大宮与野岩槻だった市をそれぞれ女の子にして、面白おかしくさいたま市にまつわる珍事を紹介する同人誌です。



『彩の国へようこそ 6』
B5版 16P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ

既に6冊目を数えるこのシリーズ。
色々と疑問や珍事を市民に残したさいたま市が出来るまでの話は、既刊に掲載。
今巻は岩槻を迎えてからのアレやコレやが多めですが、割りと最近の話などが紹介されています。
P2121066.jpg
ちょっとした不正(今となっては笑い話?)や、揉めたりなんだりの一悶着。
擬人化で女の子たちが口喧嘩しているのならまだ微笑ましいのですが、これが本気で市政の内で行われていたかと思うと……苦笑するやら憂うやら。

浦和と大宮がやや仲が悪く、与野は良いように振り回されて、岩槻はまだまだ蚊帳の外。
そんな風に描かれているこの本を読むと、「的を得ているなぁ」と思ってしまう、元さいたま市民でした。



さいたま市民(現・元、問わず)が読んだのなら、失笑苦笑爆笑なんらかの笑いを得られるのではないでしょうか?w
そうでない地域の方々も、「有名な市だけど、こんな変な所もあるんだ」と思って読んで楽しめる……かな?
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/44-a9aecc7d
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。