Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2013.02.10

『サクラ姫ネリマ証券・2』

P2074646.jpg

サークル : SIESTA
作家 : スダミ屋
発行日 : 2013/02/03(コミティア103)
ジャンル : オリジナル

主にオリジナル漫画で活動をされているスダミ屋先生の、コミティア103新刊。
今回は、金融商品(証券など)についてが面白く描かれた漫画『サクラ姫ネリマ証券』の2冊目となります。



『サクラ姫ネリマ証券・2』
A5版 44P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


「マンガでわかる(かもしれない)金融商品の基礎知識」と題されたシリーズの、2冊目。
今回も、富豪の娘である会長と、証券会社の社員であるケロ山の会話でお話しは進んでいきます。
ある日、ケロ山が会長に会いに来たら会長宅から銀行屋さんが出てくるのを目撃。
話を聞けば、なんでも「外貨預金」をオススメされたということだが――
外貨預金なんてダメっすよ!(大事なカモを銀行なんかに横取りされてたまるか)
――と、ケロ山の解説が始まるのだった。
外貨預金と言われているが、これは外貨と日本円の交換で、交換する相手が存在する……といった説明から始まり、その仕組みなどを語ってくれます。
P2074650.jpg
会長の取引相手=ホワイト会長を仮想して損得の計算など、実に解り易い内容になっています。

会長のまっとうで当たり前の疑問に、ケロ山が明け透けな下心を隠す事無くぶっちゃけ答えてくれるので、非常に解り易く、それでいて面白い漫画になっています。
金融商品に興味が無い人が読んでも、漫画だけで十分に面白い作品だと思いますw(元も子もない
今回の外貨預金にしても、「預金」の名前で勘違いしてしまいそうですが「交換」と言い換えて、金利と為替の説明を含めて儲かる理由・儲からない理由を語ってくれるので、実に解りやすい。
ケロ山は調子に乗りがちな態度とは裏腹に、かなり良心的な証券屋さんのようですw
そんなケロ山に対する会長の態度もかなり砕けてきていて、もうこれは取引相手じゃなくて友達だよなー、なんて思ったりもしましたw



百合とかそういうのとは違いますが、2人の掛け合いも楽しい漫画。
書店委託もされるそうですし、既刊も無くなれば再販をするとの事なので、気になる方はチェックをしてみてください。


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/440-639f6ba6
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。