Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2013.02.14

『ものけもの 二夜』

P2144690.jpg

サークル : ノラネコノタマ
作家 : 雪野みなと
発行日 : 2013/02/11(サンシャインクリエイション58)
ジャンル : オリジナル

主にオリジナルの成人向け漫画で活動をされている雪野 みなと先生の、サンクリ58新刊。
今回は、妖怪の女の子を描いた成人向け漫画『ものけもの』の2冊目となっています。



『ものけもの 二夜』
B5版 28P 成人向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


オリジナルの、妖怪の女の子との成人向け漫画のシリーズ。
『ものけもの 初夜』はざしきわらし(?)の物語でしたが、この二夜は「トイレの花子さん」の物語となります。
ある夜、3人の男たちが肝試し動画を撮る為に田舎の廃校へとやってくる。
撮影をしながら校内を歩いていると、トイレから泣き声が聞こえてきて。
恐る恐るそこを調べてみると、1人の少女がトイレに閉じ込められていた。
少女は「クラスの子たちに脱出ゲームだって言われて……」と、イジメを受けていると思わせる理由を口にする。
当初、その少女を助けようとしていた男たちだったが、拘束されて身動きの取れない少女を見て、邪まな笑みを浮かべ――
P2144696.jpg
――誰も来ない廃校の中で、少女を輪姦する。
両手を繋がれ抵抗の出来ない少女への挿入、フェラ強制、果ては当然のように中出しまで。
代わる代わる少女の身体を弄ぶ男たちと、その行為を涙ながらに受け止める少女は――

擬似的な監禁(拘束)陵辱モノといった内容ですが、その相手が妖怪となると、ちょっとだけお話も変わりますね。
妖怪だろうと、人間だろうと、こんな小さな少女が大人の男たちにいいようにさされちゃう展開ってのは、ゾクゾクしますw
トイレに閉じ込められて両手を手錠で繋がれた女の子が、やってきた人に助けてもらえるかと思いきや、陵辱されてしまう経緯で、希望から絶望への転換とか興奮してやみません。
細かい点ですが、最初はちゃんと着ている服がシーンが進むにつれ乱れていき、最後の方には羽織った服は背中に落ちてインナーは肩紐が外れて小さな胸が露わになる、というのが非常に良かったです。
最初っからひん剥いちゃうのではなく徐々に晒されていく肌が、行為の激しさと男たちの少女への扱いの酷さとかを表しているようにも思えて。
前作と同様に、オチの後味の悪さもある意味で相応しい結末だったかと思える作品でした。



それほどハードな展開でもなく、触手や蟲なども出てこないので、そういうのが苦手な人にもオススメ出来ます。
書店委託も開始されていますので、気になる方はチェックをしてみてください。


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/446-3e88bbe9
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。