Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2013.02.15

『Saint Foire Festival/eve Richildis:2』

P2144697.jpg

サークル : 床子屋
作家 : 鬼頭えん
発行日 : 2013/02/11(サンシャインクリエイション58)
ジャンル : オリジナル

中世時代を描いたオリジナル成人向け漫画『Saint Foire Festival』シリーズが人気の鬼頭 えん先生の、サンクリ58新刊。
今回は、『Saint Foire Festival』シリーズの第3~5巻に登場したリチルディスのその後のお話となっています。



『Saint Foire Festival/eve Richildis:2』
B5版 40P 成人向け
表紙一色刷り・本文モノクロ


『Saint Foire Festival』シリーズの、リチルディス編とオルウェン編を合わせた後日談。
オルウェン編の数年後で、リチルディス編の未明後という時系列。
(昨年夏のコミケ82で発行された『Saint Foire Festival/eve Richildis』の後の物語になります。)
オルウェンとセシルの元にやってきた、ゴーウェンとリチルディス。
ある日、ゴーウェンとリチルディスが木陰でうたた寝をしていると、その後ろにオルウェンとセシルがやってくる。
ゴーウェンたちに気付かない2人は、外だというのに激しく身体を求めて繋がり合う。
その様子を気まずげに聞きながら、リチルディスが起きなければ良いと思うゴーウェンだったが。
リチルディスが身体に寄りかかってきた際に触れた、小さな胸の感触に情欲を覚えてしまい――
P2144706.jpg
……木陰の下、眠るリチルディスの身体に吸い寄せられるようにゴーウェンは……

鬼頭先生曰く、「成人向けですが、今回はえろ漫画ではありません。」という一冊。
読んでみれば「なるほど」といった感じですが、これはこれで別の意味でのエロスを覚えますね。
リチルディスの無邪気な笑顔と、ゴーウェンの頑ななまでの想いが、切ないやら微笑ましいやら。
それと、セシルの立ち位置が、妙に笑えて仕方ありませんでしたw
ゴーウェンとリチルディスの事を察した際のセシルのどうにも的外れな気遣いとか、声を上げて笑ってしまいました。
ギャグ要員かオチ要員かという扱いでしたが、それが逆にハマって、良いキャラにも思えてくるので不思議です。
何となくの大団円とも思える後日談。
ほのぼのとした雰囲気(?)を楽しませてもらいました。



前作『Saint Foire Festival/eve Richildis』の書店委託は無かったようなのですが、その後日談にあたる今作も委託はないのでしょうか?
オルウェン編とリチルディス編の平和な後日談とも言える一冊だけに、ちょっと残念な気がします。


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/447-be862906
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。