Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2013.03.02

『honeytrap』

P3014853.jpg

サークル : す茶らか本舗
作家 : 大槻弘子
発行日 : 2013/02/11(サンシャインクリエイション58)
ジャンル : 魔法少女まどか☆マギカ

主に『マリみて』『まどマギ』の百合風味な漫画で活動をされている大槻 弘子先生の、サンクリ58新刊。
今回は、『まどマギ』の杏さや本で、バレンタイン仕様な内容になっています。



『honeytrap』
B5版 12P 一般向け コピー本
表紙&本文モノクロ・別紙カバー付き


大槻先生の描く『まどマギ』本の中では一番の頻度になる、杏さやの本。
毎度、甘くて切ない漫画が描かれていますが、今回はバレンタイン仕様で更に甘さの増した作品となっています。
バレンタインも近いある日、さやかが店舗の品揃えを見てその事に気付く。
可愛くラッピングされ、中身も可愛らしく作られたチョコレートを買い、杏子の所へと行くさやか。
喜びながらもそれをヒョイっと口に入れてしまう杏子を見て、そのチョコの値段を告げて嗜めるさやか。
もうちょっとゆっくり味わって食べた方が良い、と言いながらさやかはチョコを1つ唇ではさみ――
P3014856.jpg
――それを杏子は、照れながらも素直に受け取るのだった。

ナチュラルにチョコのやり取りをしちゃう2人とか、スキンシップがベッタベタな2人とか、チョコの名前とか、立ち返ってタイトル(誌名)とか。
もう色んな点で甘ぁ~い物語でした。
大槻先生の描く漫画では、どこか悲壮感というか切なさを感じるものが多いのですが。
この本ではそれもなく、本当に甘い甘い、読んでいて思わずニヤけてしまうお話になっていました。
特に杏子が、チョコに喜んだり、さやかの行動に戸惑ったり、ベタベタと甘えてみたりと、表情もコロコロと変わって非常に可愛らしかったです。
やー、大槻先生の描かれるこの2人のカップリングは最高ですなぁ♪



コピー本での新刊も多いサークルさんだけに、全部の作品を手に入れるのが難しいのがちょっと残念でなりません。(ここ最近のイベントの本も、手に入れられなかったですし……
定期的にコピー本総集編というのも出してくれているので、それが待ち遠しいです。


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/462-b0032d77
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。