Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2013.03.06

『白きに隠れたるその場所へ あしあとふたつ』

P3054892.jpg

サークル : PERSONAL COLOR
作家 : 桜庭友紀
発行日 : 2012/12/31(コミックマーケット83)
ジャンル : 東方Project

主に『東方』系での活動をされている桜庭 友紀先生の、コミケ83新刊。
今回は、レミリア咲夜の2人がメインのシリアス漫画となっています。



『白きに隠れたるその場所へ あしあとふたつ』
B5版 40P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


『東方紅魔郷』より、レミリア・スカーレット十六夜 咲夜、あとパチュリー・ノーレッジが登場する漫画。
レミリアの過去を描いた、少ししんみりする物語となっています。
ある冬の日、突然「出かける」と咲夜に伝えたレミリア。
だが、3~4日で戻ると言って出かけたレミリアが、一週間経っても戻ってこない事に心配をする咲夜。
レミリアの行き先も出かけた理由も知らない昨夜は、事情を知っているパチュリーに相談をしに行く。
P3054899.jpg
パチュリーに促され、レミリアを迎えに「幻想郷の外」へと行く昨夜。
雪の降る山奥、静かに佇む礼拝堂。
そこでレミリアを見付け、理由を問う咲夜。
寂しくて退屈なこの場所で、眠る者とは――

咲夜とレミリアの、主従関係が見事に描かれた作品だと思います。
咲夜はレミリアに絶対服従という訳ではなく、レミリアも咲夜をメイドとして扱うばかりでもなく。
それでも、確かに繋がっている関係というか――んー、語彙が追い付きませんが、安易に「美しい」なんて思いつきました。
関係に使う言葉としては、やや微妙ではあるかもしれませんが。
もちろん、パチュリーの存在も欠かせず、凄く深読みをしたくなる作品だったと思います。



ギャグなどよりも、シリアス物やほのぼのとする作品を描かれる事の多い桜庭先生。
この本も含めて、書店委託がされていますので、気になる方はチェックをしてみてください。


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/466-7d25c202
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。