Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2013.03.23

『東方青帖・ヒダカのザめ』

P3215073.jpg

サークル : 
作家 : ヨハネ
発行日 : 2013/03/03(八雲幻想祭2)
ジャンル : 東方Project

『東方』の二次創作漫画で活動をされているヨハネ先生の、八雲幻想祭2の新刊。
今回は、幽々子(と妖夢と藍と橙)の漫画となっています。



『東方青帖・ヒダカのザめ』
B5版 40P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


『東方』の、西行寺 幽々子八雲 紫のカップリングが中心となり描かれる物語。
他に、魂魄 妖夢八雲 藍も登場します。
春、未だに冬眠から目覚めない紫の姿を見に、幽々子が八雲家に訪れる。
眠り続ける紫を傍らで眺めるだけの幽々子を見て、妖夢と藍と橙がその姿を「寂しそう」と受け取ってしまう。
そんな「寂しそう」な幽々子の境遇を自らに置き換え、「※※と会えないなんて、寂しくて死んじゃう!」と悲しみ、妖夢・藍・橙は幽々子を励まそうと思い立つ。
思い付いたのが、藍に変化の術を使わせて紫の姿に変わり、幽々子に声を掛ける――というもの。
幽々子には内緒のままで、その思い付きを実行する3人(半霊半人と2匹)だったが……
P3215079.jpg

割りとマイナーなカップリングを描かれるヨハネ先生。
幽々子×紫はよくある形ですが、橙の想い人がナズーリン、藍は星で、妖夢はルナサというのは珍しいかも。
想い人の名前が上がるだけで、特に登場などはしないのですが、面白い組み合わせだなとは思いました。
お話のメインである幽々子と紫にしても、片方が眠ったままですので、この本で描かれるカップリングのどれもが片方のキャラだけで話が作られる、ちょっと変わった趣向でしたね。
この本の後ろの方に載っていた短編漫画「メザメノまえ」も、またちょっと変わったお話で。
冬眠している紫と、世話をしている藍の、関係が描かれていて。
……ああ、こういうのも言いなぁ~。



ヨハネ先生の描くカップリングは、シチュエーションも独特な物が多くて、毎回楽しみなんです。
関東の方のイベントにはあまり参加されていないのですが、書店委託がされているので、イベントに行けない方はチェックをしてみてください。


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/485-4b53cf1d
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。