Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2013.05.15

『別冊ガルパン戦車読本 ガルパン軍事読本02』

P5140313.jpg

サークル : 放蕩オペラハウス
作家 :
 ワダツミ
 I-Ⅳ
 PineAhead
発行日 : 2013/05/05(セーラー服と戦車道)
ジャンル : ガールズ&パンツァー

主に『なのは』『ガルパン』などで活動をされているワダツミ先生とI-Ⅳ先生の、ガルパンオンリーでの新刊。
今回は、人気の『ガルパン読本』シリーズの5冊目で、『軍事読本』の2冊目となっています。



『別冊ガルパン戦車読本 ガルパン軍事読本02』
B5版 32P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


ブームが終わらない『ガルパン』の同人誌の中でも、屈指の人気の『ガルパン読本』シリーズ。
サークル【Gewalt】さんのEXCEL先生と共に出されているシリーズ――
『ガルパン戦車読本』
『ガルパン戦車読本B型』
『別冊ガルパン戦車読本 ガールズ&パンツァーに出てくる戦車をガンダムに例えてみた1』
『別冊ガルパン戦車読本 ガルパン軍事読本01』
――に続き、5冊目となりました。
今回は、アニメ本編の第5話+6話作中の軍事ネタや小ネタなどの解説を書かれた一冊となっています。
P5140314.jpg

ここまで小ネタを理解してアニメを観ていた人が、一体どれほど居るものか――w
ワダツミ先生のみとは申しませんが、ガルパン視聴者の1割どころか1%だって怪しいものだと、軍事に疎い身としては思わざるを得ないほど、圧巻の解説。
この本を読むまで、秋山殿の部屋に置かれた品々から戦いの最中の戦法に、オマージュ・元ネタ・遊びに類するモノがここまで沢山あるという事すら知りませんでしたからw
へー、そうなんだ」と感心しつつ、つい確認しがてらアニメ本編を見直したくなる事、間違いなし。
ある意味、ファンブックとしての同人誌のあるべき姿を体現した一冊ではないかと思います。
個人的には、これらのガルパン読本で八九式中戦車の弱っぷりを読むたびに、愛着を覚えずにはいられなくなりましたw
あの戦車で、黒森峰の戦車と戦ったバレー部すげー!w
今後の『ガルパン読本』シリーズの予定も書かれていて――
『ガルパン戦車読本C型』(聖グロリアーナ編)
『ガンダムに例えてみた2』(黒森峰メイン)
『ガルパン軍事読本03』(プラウダ編)
――が発行されているようです。



これからの発行予定も楽しみな『ガルパン読本』シリーズ。
この本も既に書店委託が開始されていますので、ガルパン好きな人は是非ともチェックをしてみてください。


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/544-3924e6a6
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。