Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2013.05.29

『わがままボディの上海人形!!』

P5280465.jpg

サークル : 粟米湯
作家 : さとうきび
発行日 : 2013/05/26(第十回博麗神社例大祭)
ジャンル : 東方Project

主に『東方』のほのぼの系漫画で活動をされているさとうきび先生の、例大祭10新刊。
今回は、上海人形アリスパチュリー小悪魔の登場する物語となっています。



『わがままボディの上海人形!!』
B5版 58P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


登場キャラの多い『東方』シリーズの中でも、厳密にはキャラと言い難い(?)上海人形がメインとなっている物語。
今回は、ひょんな事から人間化してしまった上海人形を中心に起こるエピソードが描かれています。
ある日、紅魔館のパチュリーの所にアリスと人間化した上海人形がやって来る。
魔理沙が持ってきた魔法の森のきのこが原材料だという調味料(薬?)を、誤って上海人形が被ったら、何故か人間化してしまったとの事。
身体は大きくなり、言葉も話せるようになったが、特に害も無く、ある程度の時間で元に戻る事も解り、特に心配などもしていないアリス。
パチュリーと小悪魔に今の姿を見せたくてやって来たらしいのだが、あいにくと小悪魔は外出中。
素直に小悪魔の帰還を待つ――つもりだったのだが。
人間化の魔法が解けてしまいそうになり、小悪魔と会うのを諦めかける上海人形だったが――パチュリーとアリスは、上海人形の願いを叶えるべく、上海人形を抱えて外に飛び出すのだった。
P5280468.jpg
――果たして、上海人形と小悪魔は会うことが出来るのか?

さとうきび先生の作品でも屈指の登場回数のアリス&パチェ&小悪魔、そして上海人形。
鉄板の図書館メンバーの活躍で綴られる、ちょっとした非日常の物語、いつものほのぼの雰囲気の漫画でした。
さとうきび先生の既刊を読んでいる人には解る「アリス=お母さん、パチェ=お父さん」ネタも、何だか定番化してきた感がありますねw
いやー、しかし。
人間化してもしなくても、上海は健気で可愛らしいですなぁー。
それになんと言っても、パチュリーが非常に良い活躍をしていて、「お父さんカッコイイ!」と言わざるを得ませんでしたw
そんな展開の後にやってくる感動の締めもあり、緩急のある非常に面白い漫画でした。



この本も既に書店委託がされていますし、今までの作品をまとめた総集編も3冊まで出ていて、同様に委託されていますので。
気になる人は、是非ともチェックをしてみてください。


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/560-c33b7571
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。