Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2013.07.29

『キューポラの車窓から。』『LyricalMgicYellow&Red goes to Festival』『阿知賀と永水とモンプチと』

P7291029.jpg

サークル : ryu-minBS
作家 : 流民
発行日 : 2013/04/28(コミック1☆7)
ジャンル :
 『キューポラの車窓から。』 ―― ガールズ&パンツァー
 『LyricalMgicYellow&Red goes to Festival』 ―― 魔法少女リリカルなのは
 『阿知賀と永水とモンプチと』 ―― 咲-saki-

主に『なのは』『咲』などの二次創作漫画で活動をされている流民先生の、コミ1新刊。
今回は、『ガルパン』『なのは』『咲』のギャグ(百合?)漫画となっています。



『キューポラの車窓から。』
B5版 20P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


『ガルパン』より、あんこうチームなどの登場する漫画。
1ページから4ページの短編漫画が9本載せられた一冊となっています。
内容は、突然杏にお悩み相談所を任されてしまったみほが、同じ戦車道の仲間の相談(?)を聞くというお話の「キューポラの車窓から①~⑥」の他。
P7291034.jpg
みほと沙織と肉じゃがのお話、「沙織のモテカワ道」
みほの母であるしほと、姉であるまほが、みほの帰宅を待つお話、「西住みほの帰省」
みほと沙織が同姓を始めるお話、「沙織のモテカワ道 ~数年後~」
――全体的に、緩いギャグと百合風味な雰囲気の漂う漫画となっています。

流民先生の描く、女の子同士のイチャイチャ風景はさすがの一言。
ガチ×ノンケかと思わせておきながら、実はガチ×ガチだというどんでん返し!
みぽりんとの同棲を夢見てしまう沙織んがガチかと思いきや、そんな夢で戸惑う沙織よりも、それを照れつつも受け入れてしまうみぽりんの方がガチっぽいw
ほのぼのとしたノリのギャグと相俟って、いやー甘い甘い。
ギャグで言えば、『キューポラの車窓から』が投げっぱなし感のあるオチで、何だか癖になる笑いがありましたし。
こうドライな反応のみぽりんと、無茶振り・用無しの相談者たちのやり取りが、妙にツボに入る感じでw
どちらもほのぼのとした百合とギャグが楽しめる一冊だったかなと思います。



『LyricalMgicYellow&Red goes to Festival』
B5版 28P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


『なのは』より、小学生時代のなのはフェイトアリサすずかヴィータレヴィシュテルディアーチェの登場する漫画。
フェイトとヴィータがコミケ(なのはブース)に行くお話がメインに描かれている一冊となっています。
とある年末、冬コミでなのはの抱き枕カバーが領布されるという話を聞き、それを求めるべくフェイトが動き出す。
ノロウサパーカーが欲しいと言っていたヴィータも(強制的に)連れ出して、ビッグサイトに着くフェイト。
これまで何度もなのはブースに並んで(失敗して)いるフェイトは、コミケの説明をヴィータにしながら列で待つのだが――
今回も早期完売、ショックで気を失ったフェイトを開放するヴィータの前に、何故かスタッフをやっているマテリアルズが現れて……
P7291035.jpg
そんな漫画の他に、劇場版なのはA'sのBD&DVD発売記念漫画が載せられた一冊です。

今回も、フェイトちゃんの空回りが非常に可愛らしい一冊。
空回りするフェイトちゃんに振り回されるヴィータに、空回りするフェイトちゃんすら戸惑うシュテルの行動とか。
なのはとの絡みこそ少ないものの、流民先生の描くフェイトの面白さ・可愛さは満載の本でした。
いや、ある意味、本編中にはそんなに描かれていなかったからこそ、最後のオチの威力が増したとも言えるかもしれません。
なの×フェイは、鉄板ですよねぇ……♪
BD発売記念漫画の方では、なのはのフリーダムっぷりが天井知らずw
慌てて止めるはやてが滑稽に見えるほどに……いや、しかし、なのはさん、どんな芸を……w
賑やかになのはやフェイトやマテリアルズがイチャイチャとしている、そんな漫画に興味がある人にお勧めしたい一冊でした。



『阿知賀と永水とモンプチと』
B5版 10P 一般向け コピー本
表紙&本文モノクロ


『咲 阿知賀編』より、永水の薄墨 初美石戸 霞、龍門渕の龍門渕 透華国広 一、阿知賀の高鴨 穏乃新子 憧のカップリングで描かれた一冊。
どの漫画も、そこはかとなく百合風味の感じられるものとなっています。
永水の2人が、外でお昼ゴハンを一緒に食べるお話。
龍門渕の2人は、私服の露出の多さを何とかしようと透華がセーターを一に渡すお話。
阿知賀の2人は、憧が妙な妄想で能力開眼(?)を目指すお話。
P7291042.jpg
――以上の3編が載せられた一冊となっています。

色んなカップリングが描かれた本ですが、特に憧×穏がヤバい。
何がヤバイって、憧の妄想が――
3年間山で過ごしたしず(穏乃)が特殊能力に目覚めたのなら、幼少時からしずを想い続けている私にも何らかの能力が目覚めてもいい筈
――という、考えるだけでも恥ずかしいものでw
スタンド的な「しずちゃん」を来い来いと強く念じ続けて、実際に目の前に居る穏乃を「ソレ」だと勘違いする有り様。
憧さん、暴走し過ぎww
こちらの本はコピー本ですが、今後の咲本とかで再録される可能性もあると思います。



色んなジャンルでの、女の子同士の掛け合いが非常に面白い流民先生の作品。
基本的に書店委託はされていますので、気になる人はチェックをしてみてください。


・委託書店(通販)とか
『キューポラの車窓から。』(とらのあな)
『LyricalMgicYellow&Red goes to Festival』(とらのあな)
・既刊など
『Lyrical Magic Angel and Devilkin』
『LyricalMagic TargetPosition』『LyricalMagic RNG RANGE』『さくひま』『YUI×AZU!!』『-iroiro-』
『A-STEP』
その他の同人誌など
・次回以降の参加イベントなど
コミケ84 3日目 東シ-08b 【ryu-minBS】


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/623-dedbfe4a
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。