Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2013.08.28

『文ト通ジズ』

P8271415.jpg

サークル : カゲ路
作家 : 唯野影吉
発行日 : 2013/08/12(コミックマーケット84)
ジャンル : 東方Project

主に『東方』の二次創作漫画で活動をされている唯野 影吉先生の、コミケ84新刊。
今回は、はたてが奇妙な文通をする事になった物語となっています。



『文ト通ジズ』
B5版 34P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


『東方』より、鴉天狗で新聞記者でダブルスポイラーである射命丸 文姫海棠 はたての物語。
今回は、文とはたてが文通をするというお話となっています。
ある日、はたてと早苗が人里の甘味屋で話をしている時、早苗がはたてに便せんと封筒を贈る。
以前に世話になったお礼との事だが、使い道に悩んだはたては、文に送ろうと決める。
普段から自分を心配して事あるごとに家に訪ねてくる文に、生存報告を兼ねて手紙を送ろうと。
ニヤニヤとする早苗を尻目に、そう決めたはたてが書いた手紙を、受け取った文は……
P8271421.jpg
……滝のような汗を流して狼狽するのだった。
手紙でわざわざ生存報告をされ、はたての家に押し掛ける口実を失った文は、苦悶した上で、自分も筆を取ることにするのだった。

非常にもどかしい、あやはた漫画。
もどかしいのにニヤニヤしてしまうとか、何だか妙な心持ちにさせてくれる一冊でした♪
作中では、手紙を通してでしか会話をしない文とはたて、むしろはたてと早苗の方が仲良く会話をしているように見えるくらいですが。
いつもの憎まれ口とは違う、手紙の上での言葉遣いとか、2人の距離感とか……なんだか言葉に言い表せないくらいにたまりませんw
漫画の合間に、はたてから文への手紙、文からはたてへの手紙の文面が載せられているのですが……読んでて、何だかニヤニヤしてしまいました。
いたって普通の文面なんですが、「どんな思いで、これを書いたんだろうなぁ」なんて想像するのが楽しくてw
作中では、書かれているのですが、文面が載せられていない手紙が一通あり、イベント会場ではそれが手紙の形で付いて来たのですが。
現在、WEB上にて公開(パスワード付き)もされていますので、本を手にした人はちょっと見てみて欲しいですね。



書店での委託も既に開始されている本なので。
気になる人は、チェックをしてみて下さい。


・委託書店(通販)など
『文ト通ジズ』(メロンブックス)
『文ト通ジズ』(とらのあな)
・既刊など
『烏木ホワイトデイ』
『トリセツクロウ』
その他の同人誌など


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/657-7944fa05
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。