Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2013.09.19

『艦これ軍事読本01』『ガルパン軍事読本04』

P9191651.jpg

サークル : 放蕩オペラハウス
作家 :
 ワダツミ
 I-Ⅳ
発行日 : 2012/09/16(砲雷撃戦!よーい!二戦目)
ジャンル :
 『艦これ軍事読本01』 ―― 艦隊これくしょん
 『ガルパン軍事読本04』 ―― ガールズ&パンツァー

主に『なのは』の二次創作漫画や『ガルパン』の解説本などで活動をされているワダツミ先生とI-Ⅳ先生の、2013秋のオンリーイベント新刊。
今回は、『艦これ』金剛型戦艦の解説本と、4冊目となる『ガルパン』の各話解説(第8話~9話)本の2冊となっています。



『艦これ軍事読本01』
B5版 28P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


『艦隊これくしょん』より、艦娘の元となった艦艇・軍艦の解説が書かれている一冊。
第1冊目となる今回は、高速戦艦と銘打たれている金剛型戦艦金剛比叡榛名霧島の解説が載せられています。
排水量や全長・全幅などのサイズ、出力と速度などの性能、各種兵装、更には起工・竣工・喪失の日付まで網羅したデータから始まり。
艦娘たちの台詞や設定の一つ一つから、史実のエピソードを拾い上げていく内容になっていて。
一口に「金剛型戦艦」と言っても、作られた経緯から場所から違う姉妹艦たちの逸話が、ちょっとしたイラストを添えられて満載されています。
P9191652.jpg
「シーメンス事件、金剛ちゃん身請けの巡って金が動くとかゾクゾクしますね!」
「比叡を見捨てることとなった最後のトドメが「機関室が全滅した」という報告だったのだけど、それ実は誤報だった」
「榛名の第2次改装で機関出力が強化され高速戦艦となるわけです。この改装で九一式徹甲弾も使用可能になっていたるする」
「霧島は飛行場砲撃用に装填してあった三式弾をサウスダコタに向けて発砲し、通信アンテナとレーダーを破壊したのである」
――などなど、実に色んな逸話が書かれています。
艦これをプレイしているだけでは知れない、色んな話が楽しめる本となっています。

なにこれ滾る!!
艦これを知る前には、ほとんど軍事関係なんて知りもしなかった身ですが、色々と逸話を拾い聞いている内にドンドン面白く思えてきますね。
同じように思う提督も少なからず居るのではないかと思いますし、そんな提督の方々にはきっと楽しめるであろう一冊ですね。
著者のワダツミ先生曰く「霧島さんが暴力眼鏡扱いされる世の中に断固たる抵抗を誓う」と仰っていますが。
なるほど、これを読めば霧島さんの印象も変わって……変わって…………あれ?
確かに、自分などが知っていた「敵戦艦2隻を相手に殴り合いして倒した」というのは語弊を強く生む表現だとは思いましたが、いやでもやっぱり豪の兵(ツワモノ)を思わせる戦績かなとw
イラスト分も多めで、1ページの半分以上をイラストが占める所も少なくないので、活字アレルギー(w)の人にも読みやすくなっているんじゃないでしょうか?



『ガルパン軍事読本04』
B5版 28P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


『ガールズ&パンツァー』の、ストーリー各話+小ネタの解説をしてくれる読本シリーズの4冊目。
今回は第8話「プラウダ船です!」第9話「絶体絶命です!」の解説が載せられています。
遂に準決勝、強敵であるプラウダ高との戦いとなる8~9話の解説となるので、主にカチューシャやノンナの話、ソ連の逸話などが書かれています。
P9191659.jpg
カチューシャがカチューシャに乗ってやってきた」「カチューシャがカチューシャを唄っている!
カチューシャという車(トラック)だとか、カチューシャという歌だとか、カチューシャというキャラだとか。
Ⅲ突の履帯はヴィンターケッテにしたし、ラジエーターにも不凍液も入れたよね
寒冷地での必須処置の説明だとか。
きた! ギガント!!
KV-2の異名から始まり、徹甲弾の解説に転じていったり。
軍事系のネタに詳しくない人には、本当に嬉しい解説が詰め込まれた本でした。

この読本を読みながら(読んでから)、アニメをもう一度観るのが楽しみになっています♪
やっぱり演出一つを取ってみても、知っていると知らないとではネタに対する理解度や、作品世界観への没頭が違いますもんね。
そういった意味で、「ガルパンをより一層楽しむ為の同人誌」だと思っています。
いわゆるネット上などであったりする批判的な意見も無く、粗探しみたいなのが無いのも安心して読める要因の一つかなぁ……とも思いますね。
やや無理のある設定も、「ガルパン世界での技術力なら!(笑)」で押し通してしまえるのも素敵w
中に描いてあるイラストも、パロネタなどもありありなので、解説とはまた別の部分で笑わせて貰いましたし。
……けど、ゴルゴ風ノンナとか、ジョジョ風ダージリンとか、司馬懿風みぽりんとか……
……笑えるけど、酷いw



どちらの新刊も、近々書店委託も開始されるとの事ですので。
『艦これ』ファンも、『ガルパン』ファンも、是非ともチェックをしてみてください。


・委託書店(通販)など
『艦これ軍事読本01』(メロンブックス)
『艦これ軍事読本01』(とらのあな)
『ガルパン軍事読本04』(メロンブックス)
『ガルパン軍事読本04』(とらのあな)
・既刊など
『リリカルナノハ私妄想版:破 -Ⅳ(後編)- 今そこにいるアナタへ』『別冊ガルパン戦車読本 ガルパン軍事読本03』
『別冊ガルパン戦車読本 ガルパン軍事読本02』
『別冊ガルパン戦車読本 ガルパン軍事読本01』
『別冊ガルパン戦車読本 ガールズ&パンツァーに出てくる戦車をガンダムに例えてみた Vol.1』
その他の同人誌など


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/681-2571e70d
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。