Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2013.09.21

『鎮守府画報』

P9201674.jpg

サークル : ヘルメットが直せません
作家 : 大出リコ
発行日 : 2013/09/16(砲雷撃戦!よーい!二戦目)
ジャンル : 艦隊これくしょん

主に『東方』の二次創作漫画で活動をされている大出 リコ先生の、2013秋の艦これオンリー新刊。
今回は、初の『艦これ』本で、テキストとフルカラーイラストが載せられた一冊となっています。



『鎮守府画報』
B5版 12P 一般向け
表紙&本文フルカラー


『艦隊これくしょん』の、フルカラーイラスト&テキスト本。
まるで広報誌のような作りになっていて、鎮守府に直接取材に行って作られたかのようか構成の本となっています。
内容は――
巻頭特集「戦艦大和、進水。」
特集「乱れる艦隊の風紀」「艦隊最速 駆逐艦島風スナップ&インタビュウ」
連載「よいこのコーナー ほんとうはリアル妹・霧島おねえさんとあそぼう」
速報「伊一六八就役」「零式艦戦五十二型に妖精か?」「最上型重巡洋艦三・四番艦、就役」「深海棲艦の目に浮かぶ謎の涙の真相とは」

P9201679.jpg
――となっていて。
まるで戦時下に発行された書籍、といった感じで書かれている一冊です。

フルカラーのイラストに、大出先生の独特のテイストの満ちたテキストに、小ネタなども仕込まれていて。
最初から最後まで、色んな所で楽しめる一冊になっているかと思います。
特に巻末に載せられたとある認可にまつわる通知書の一文は、この本の読み方をガラっと変えてくれるギミックにも思えて、とても凝った作りになっているなぁと感心するばかり。
「戦艦霧島 駆逐艦装備を着こなす!」というページは、こう羞恥に震えながらも引き攣った笑顔で仕事を全うする霧島さんの姿に笑わずにはいられませんでしたしww
記事の文面から漂ってくる、鎮守府提督の変態っぷりとかも面白かったですしw
雑誌風にするためなのでしょうが、「二〇一三秋號」と書かれているこの本。
もしかしたら次巻もあるかな……なんて期待してみたいと思いますw



フルカラーのイラストと、独特の広報誌風のテキストが珍して面白い一冊。
書店委託もされていますので、気になる人はチェックをしてみてください。


・委託書店(通販)など
『鎮守府画報』(メロンブックス)


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/683-5655e045
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。