Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2013.10.19

『Saint Foire Festival 10』

PA181971.jpg

サークル : 床子屋
作家 : 鬼頭えん
発行日 : 2013/10/06(サンシャインクリエイション61)
ジャンル : オリジナル

主にオリジナルの成人向け漫画で活動をされている鬼頭 えん先生の、サンクリ61新刊。
今回は、中世を舞台にした成人向け漫画『Saint Foire Festival』シリーズより、新キャラの登場する最新刊となっています。



『Saint Foire Festival 10』
B5版 52P 成人向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


中世を舞台にしたオリジナル成人向け漫画『Saint Foire Festival』シリーズの最新刊。
今回は、新キャラ=マティが登場する新たな物語となっています。
クレアという姉を持つマティ。
資産家に結婚を申し込まれたというクレアを祝福するマティ。
自分も想い人と結ばれるようにと、聖人フォワールの木にお祈りをするのだが……
お祈りを済ませ村に帰ろうとするマティに、森の影で潜んでいた男達の手が伸びる。
服を破かれ、押え付けられ、抵抗も出来ぬままに身を汚されてしまうマティ。
PA181972.jpg
聖人の木にお祈りに来た娘を襲っているという男たちは、マティのような幼い娘でも容赦はせず。
処女を奪い、中に出し、何度も何度もマティを犯すのだった。
日暮れ前になりようやく開放されたマティは、破れた服を纏う汚れてしまった身体を引き摺りながら村へと戻る最中、姉のクレアと自分を想い人であるマリウスの姿を見付け――

ガチの凌辱劇!!
救いなど欠片も無い物語、マティの境遇があんまりにも悲惨過ぎて、とても……ええ、とても興奮しました。(下衆顔
姉の幸せを祝ったマティ。自分も幸せになれると信じたマティ。
いつも「姉の後回し」だったマティが、「後回しでもいいことはあるわ!」と言ったマティが、姉に先んじたのがこの展開だったというのが、もうね……
エロ描写もかなり濃く、エロ展開はかなり多く、実用性はバツグンですし。
そのエロの後に、更にマティを苛む結末が非常に良い意味で後味を悪くしていて、実に素晴らしい!
これはこれで、非常に良いオチかと思うのですが。
それはそれとして、マティ(と、クレア)のこの後の物語が読みたいような気もしますねw



今はまだ書店委託は開始されていないようですが、おそらくは委託はされる……と思いますので。
気になる人は、チェックをしてみて下さい。


・既刊など
『Saint Foire Festival/eve Richildis:2』
『Sainto Foire Festival/eve Olwen:2』『どたんばせとぎわ崖っぷち 24』
・次回以降の参加イベントなど
10/20 コミティア106 ま-22b 【床子屋】


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/716-78e923c7
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。