Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2014.01.22

『ながぼん』

P1212915.jpg

サークル : 君の為なら死ねる
作家 : 津留崎優
発行日 : 2014/01/19(砲雷撃戦!よーい!六戦目!)
ジャンル : 艦隊これくしょん

主に『艦これ』の二次創作漫画で活動をされている津留崎 優先生の、砲雷撃戦6での新刊。
今回は『艦これ』長門メインのギャグ漫画となっています。



『ながぼん』
B5版 24P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


『艦隊これくしょん』より、戦艦・長門がメインとなるギャグ漫画。
戦艦・陸奥やちょっと個性的な提督とのやり取りが面白く書かれたお話となっています。
ある日、海岸で倒れていた艦娘を拾った保護した提督。
陸奥がその艦娘を解放しようとすると、実はその艦娘は長門だった――という所からお話は始まります。
以後、鎮守府の仲間として暮らすことになった長門だったが、その巨躯・気性・豪腕から起こしてしまうトラブル(?)。
さらには、長門をも上回る(??)強力の持ち主である寡黙な提督との交流は難儀を極めて……
P1212922.jpg
……そんなほのぼのとした鎮守府で暮らす、長門の姿が描かれた一冊となっています。

陸奥っちゃんが過ぎてw
……ぁ、ぃぇ、もちろん長門さんもカッコイイです。カッコイイんですが……
どこぞで「ながもん」なんて呼ばれてしまうようなポンコツぶりこそ発揮しないものの、日常性活ではオーバースペックを持て余し気味で、どことなく可愛いんですよw
ビッグセブンの誇りを持つが故に、素直になれない面とか。
そんな長門に真っ直ぐ向き合ってくれる提督とか。
そんな提督を甲斐甲斐しく補佐する陸奥とか。
……その陸奥さんが、秘書艦というより嫁艦的な感じで、たまりませんなw
それになにより、漫画の最後に一言だけ喋る提督が、マヂ男前、いやさ漢前(オトコマエ)で!!
こりゃー、陸奥さんだって惚れますわ!!



アンソロジーコミックスでも人気の津留崎先生、回を重ねるごとにイベントでの人気も増して(列が長くなって)いるようですね。
こちらの本は、近々委託開始のようですので、気になる人は是非ともチェックをしてみて下さい。


・委託書店(通販)など
『ながぼん』(メロンブックス)
『ながぼん』(とらのあな)
・既刊など
『やる気ねえ提督と秘書龍田さん』
『やる気ねえ提督と秘書龍田さん改』


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/817-a5569f9a
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。