Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2014.02.13

『魔法少女マイア☆マギカ vol.5』

P2133147.jpg

サークル : Virgo
作家 : 瀧宮一隆
発行日 : 2014/02/09(サンシャインクリエイション62)
ジャンル : 魔法少女まどかマギカ

『まどマギ』の二次創作漫画で活動をされている瀧宮 一隆先生の、サンクリ62新刊。
今回は『まどマギ』ワルプルギスの夜が産まれるまでの物語を描いた漫画のシリーズ『魔法少女マイア☆マギカ』の完結巻となっています。



『魔法少女マイア☆マギカ vol.5』
B5版 76P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


『魔法少女まどか☆マギカ』より、魔女:ワルプルギスの夜が産まれるまでの物語を描いた漫画。
その最終巻となる今回では、ついにマイアが魔法少女となり、自らの願いのためにマミと戦う展開になっています。
前回までの流れで、マイア&ホムラ陣営とマミ&サヤカ&キョウコ陣営との戦いになってしまう。
キョウコが先んじてホムラを討ちに行くものの、返り討ちにあってしまい。
その事を知ったサヤカは、自身を魔女の身に落としてまでもホムラを倒そうとする。
――そうして、ついに魔法少女となったマイアと、マミが対峙する。
P2133150.jpg
互いに互いを想ったままで、傷付け合う少女たちの戦いの果てに――

第一巻の発行から約二年と半年を経て、ついに完結!!
瀧宮先生が描く「巴マミとワルプルギスの夜の因果の物語」
熱く、痛く、切なく、素敵な物語でした……!!
ネタバレになりますが(以下反転)――
マイアは「円環の理」を世界に産むために、自らが絶望を撒く(倒されるべき)存在になろうとし、マミを殺す事で絶望し魔女になろうとし。(円環の理が産まれれば、マミが救われると信じて)
マミは、自分が殺される事によって世界(魔法少女たち)が救われるとしても、自分が死ぬ事でマイアが絶望してしまう事を避けようとし。
互いに互いを想うが故に、戦うしかない、相手を傷付けるしかない

――というのが、胸にきましたね。
迫力の戦闘シーンも必見で、マイアvsマミの戦いはページ数こそ多くはないものの、激しく心を震わせるものでした。



独自の解釈や設定なども盛り込まれていますが、そういったものが苦手ではない人にはお勧めしたい漫画。
既刊はダウンロード販売などもされているようですので、気になる人はチェックをしてみて下さい。


・委託書店(通販)など
『魔法少女マイア☆マギカ vol.5』(メロンブックス)
『魔法少女マイア☆マギカ vol.5』(コミックZIN)
・既刊など
『魔法少女マイア☆マギカ vol.4』『PUELLA MAGI MAIA☆MAGICA Ver.話 KYOUKO SAKURA』
『魔法少女マイア☆マギカ vol.3』
『魔法少女マイア★マギカ vol.2』
その他の同人誌など


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/843-f8f4bc3b
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。