Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2014.02.28

『ローレライ(2) -帝都初空襲』

P2273287.jpg

サークル : んじゃめな本舗
作家 : 磨伸映一郎
発行日 : 2013/12/30(コミックマーケット85)
ジャンル : 艦隊これくしょん

『アイマス』や『艦これ』などの二次創作漫画で活動をされている磨伸 映一郎先生の、コミケ85新刊。
今回は『艦これ』×架空戦記小説のクロスオーバー漫画の2冊目となっています。



『ローレライ(2) -帝都初空襲』
B5版 28P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


『艦隊これくしょん』×架空戦記小説という、異色のクロスオーバー作品。
「架空戦記小説ってなんぞ?」という読者にも優しい解説付きで描かれた、ギャグ漫画となっています。
前巻と同様に、戦力不足に悩むとある鎮守府。
『レッドサンブラッククロス』の戦艦播磨を仲間に迎える……という夢を、鳥海が見てしまうほど。
その話を聞いて一笑に付す霧島や武蔵や望月らは、既に諦めの境地だったのだが。
そこに運営(?)から、なんと「読者からの要望一番手」の参戦が告げられる。
にわかに沸く鎮守府内、そこに提督として現れた提督は――志茂田 景樹!
選ばれた原作は『極光の艦隊』、登場する艦艇は原子力潜水艦:大宇宙!?
……だったのだが、とある理由でお帰りいただく鳥海たち。
しかたなく、運営が代わりとして提案したのは……「大和型を8隻同時」に召還するというもの。
そこに登場したのは――
P2273292.jpg
――『世界戦艦大和列伝』からの艦娘(?)だった。

こんなアレな漫画を描けるのは、世界広しと言えども磨伸先生を措いて他に居らんことでしょう……居てたまるか!?
艦これと架空戦記小説のクロスってだけでもアレなのに、
それで出来上がるのがギャグ漫画ってあたりでもうアレさ極まれり!!
とにかく、原作である小説を知らなくても爆笑できる内容なのは間違いないので、架空戦記を知らないって人も安心して手に取って欲しいです。
この同人誌を読んで、逆に架空戦記小説に興味を持ってしまい、前巻に登場した『時空改変空母越後』とか手に取ってしまいましたw(まだ購入にまでは至っていませんが
とにかく強烈。
原作の架空戦記小説が強烈であるのは間違いないのでしょうが、それをこんな風に味付け(紹介)するアイディアと手腕こそが強烈な本でした。



「磨伸先生の作品では稀に良くあること」ではありますが、もはや「艦これ本の皮を被った別の何か」となってしまっている一冊。
普通の同人誌では味わえないギャグをお求めの人には、是非とも読んで欲しいですね。


・委託書店(通販)など
『ローレライ2 -帝都初空襲-』(メロンブックス)
『ローレライ2 -帝都初空襲-』(コミックZIN)
『ローレライ2 -帝都初空襲-』(とらのあな)
・既刊など
『ローレライ(1) -運命の開戦-』


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/858-752cc07b
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。