Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2014.03.05

『東方青帖・めのわらのミナ』

P3043333.jpg

サークル : 
作家 : ヨハネ
発行日 : 2014/02/16(八雲幻想祭 ~第3幕~)
ジャンル : 東方Project

『東方Project』の二次創作漫画(百合系)で活動をされているヨハネ先生の、2014年冬の東方(八雲)オンリーでの新刊。
今回は『東方Project』より先代の博麗の巫女を中心としたお話となっています。



『東方青帖・めのわらのミナ』
B5版 60P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


『東方Project』より、オリジナルキャラとなる先代の博麗の巫女が登場する漫画。
先代の巫女と早苗が出会い、交流をするお話となっています。
ある日、博麗神社の前にふらっと現れた女性、雰囲気が霊夢とそっくりなその女性を見て、早苗は「霊夢の母親」ではと思い後を追うことにした。
話を聞くと、先代の博麗の巫女であるというその女性は、自分が死ぬために必要なものを探しているという。
曰く「巫女の役目は当代に譲った」「することがない」「だったら死のう」という事だが、それを聞いた早苗は「霊夢のために」先代巫女を改心させようとする。
共に茶を飲み、飯を食い、町を歩き、そして――
P3043339.jpg
早苗と交流をしていく内に、様子の変わっていく先代巫女。
日が暮れ、迎えに来た紫たちに先代巫女を任せ、博麗神社へと向かう早苗の背を見て、先代巫女は――

60ページにも及ぶボリュームの漫画。
ヨハネ先生曰く5話+1話のお話で、200ページ越えになるとか……マジすかw
先代巫女がどたぷーんな身体つきとは裏腹に、浮世離れした捉え処のない性格なのが、妙に可愛げがあっていいですね。
個人的には、「先代巫女が霊夢の母親」ってのが早苗が言ってる(そう思ってる)だけで、本当のところどうなのかなぁ……ってのが気になりましたね。
本人はおろか、事情を知っている風な萃香や紫も、それを肯定しませんでしたし。
……深読みでしょうか?w
先代巫女が早苗に抱いた感情とか、これからの生活とか、続きが非常に気になる感じなんで。
是非とも、5話+1話の完結まで読みたいですね♪



東方の色んなキャラクターの百合カップリングを描かれているヨハネ先生ですが、今回のお話ではカップル成立にはならず、むしろ三角関係になりそうな予感を残して終わった感じ。
長編の第一話となる(?)一冊なので、ヨハネ先生のファンの人はお見逃しなく。


・委託書店(通販)など
『東方青帖・めのわらのミナ』(とらのあな)
・既刊など
『東方青帖・むろさき』
『東方青帖・ほしうつろ』
『東方青帖・ヒダカのザめ』
その他の同人誌など


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/863-e2091451
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。