Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2014.03.29

『大体こんな日常』

P3283563.jpg

サークル : 日々鳥々
作家 : 日鳥
発行日 : 2014/03/21(鎌田鎮守府弐)
ジャンル : 艦隊これくしょん

主に『東方』などの二次創作漫画で活動をされている日鳥先生の、2014年冬の艦これオンリーでの新刊。
今回は『艦これ』の第六駆逐隊がメインの漫画となっています。



『大体こんな日々』
B5版 20P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


『艦隊これくしょん』より、第六駆逐隊=暁・雷・電・響がメインとなっている漫画。
提督とのやり取りが描かれた短編漫画が3本収録されている一冊となっています。
一つ目の漫画は、資料室で本の整理をしながら鼻歌を歌う電を、後ろから提督が眺めていて……というお話。
二つ目の漫画は、提督から貰った物を自慢しあう暁と雷。
しかし、そんな2人の前に提督にメイド服を着せられた電がやってきて。
P3283568.jpg
その格差に納得のいかない二人は、提督に時間談判をして……というお話。
三つ目の漫画は、夜の鎮守府で4人と提督がテレビを見ながらくつろいでいる時、響がウトウトとし始めて……というお話。
どのお話も、ほのぼのとした提督と第六駆逐隊との交流が描かれた漫画となっています。

まるで、作中でもネタにされる国民的アニメみたいな、ほのぼのとした家庭ドラマでしたw
ギャグを交えつつ、ほんのりドタバタほわわーんみたいな流れ。(擬音だらけで良く解らない解説
「将来はパパ(提督)のお嫁さんになる」とでも言ってそうな艦娘たちが、愛いこと愛いこと♪
メイド電の可愛さは特筆モノでしたが、表紙にのみ登場するメイド雷もなかなか。
贅沢を言えば、響や暁のメイド服姿も見たかったのですが……残念ですw
ほのぼのとした漫画が好きな人にはお勧めしたい一冊でした。



これまでは東方メインで活動をされていた日鳥先生ですが、今後は艦これや他のジャンルでも活動をされるようです。
新刊の書店委託も開始されていますので、気になる人はチェックをしてみて下さい。


・委託書店(通販)など
『大体こんな日々』(メロンブックス)
・次回以降の参加イベントなど
5/11 博麗神社例大祭11 あ18b 【日々鳥々】


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/889-2b947d5d
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。