Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2014.05.08

『艦これ軍事読本04』

P5073926.jpg

サークル : 放蕩オペラハウス
作家 :
 ワダツミ
 I-Ⅳ
 pineAhead
 GEN
 海産物
発行日 : 2014/05/03(砲雷撃戦!よーい!九戦目!)
ジャンル : 艦隊これくしょん

主に『なのは』の二次創作漫画や、『ガルパン』『艦これ』の解説本などで活動をされているワダツミ先生とI-Ⅳ先生の、2014年春の艦これオンリーでの新刊。
今回は『艦これ』の解説を書いた軍事読本の4冊目となっています。



『艦これ軍事読本04』
B5版 28P 一般向け
表紙フルカラー・本文モノクロ


『艦隊これくしょん』より、艦娘の台詞などと史実の解説を載せた『艦これ軍事読本』シリーズの最新刊。
今回は睦月型駆逐艦より、睦月如月弥生卯月の解説が書かれた一冊となっています。
それぞれ4~6ページで構成されていて、解説文とイラストで読ませてくれる内容。
睦月の項では、魚雷などの装備品や、ガダルカナル島での戦いを。
如月の項では、砲弾の話にフジツボの話に、ハワイ西での戦いを。
弥生の項では、「艦隊」の説明や、ニューギニア東端での戦いを。
卯月の項では、改装された話や、各地での戦いを。
P5073931.jpg
どの項でも、それぞれの艦が迎えた壮絶な最期を遂げた艦のお話などが書かれています。

数多あった艦艇・軍艦が、終戦時にはほとんど残っていなかった事実からして、それはもう沈んだ艦が多いのは解っていましたが。
だからと言って、この本で書かれている睦月型たちの最期のお話がありきたりで生温いものになる訳ではなく。
どの艦も、壮絶に散っていった様子が、多過ぎない文章の中に込められていて胸を打ちます。
正直、史実に明るくない自分には初めて知る事柄がほとんどなのですが、それでも、或いは、だからこそ。
艦娘の姿と、史実の最期が重なってしまって、泣かされてしまいそうにw
個人的には、睦月の解説に一番感動をしましたね。
睦月、良ぇ娘じゃないか……(涙
この本のせいで、愛でたい(育てたい・突きたい)艦娘がまた増えてしまうw



艦これを入り口に、史実などに興味を持った人には是非とも手に取って欲しいシリーズ。
書店での委託も既に予約などが開始されているようですので、気になる人はチェックをしてみて下さい。


・書店委託(通販)など
『艦これ軍事読本04』(メロンブックス)
『艦これ軍事読本04』(とらのあな)
・既刊など
『艦これ軍事読本アイドル号外』『日々艦娘02』
『艦これ軍事読本03』『リリカルナノハ私妄想版出せなくてゴメンネ本』
『艦これ軍事読本02』『日々艦娘01』
その他の同人誌など



スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hoshikun410.blog.fc2.com/tb.php/931-80b116b3
Template by まるぼろらいと

Copyright ©同人誌とか読んだり? All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。